GO!

キュアパッションとかキュアスカーレットとかキュアエースとかキュアフェーリチェとか、そんで今度出るキュアアースとか、なんで前出プリキュアとあれほどデザインのコンセプトが違うのか、そしてなぜそれに誰も異を唱えないのか、謎だ。

かんきり忘れた

故あって異世界モノの漫画と小説を佃煮にするほど読んだけど、その大半はドラえもんの「石器時代の王さまに」の成功版で心からげんなりした。ちなみにいちばんマシだったのは「便利屋斎藤さん、異世界に行く」でした。 賭けグルイの続編。最初のライバル転じ…

ダイナマイト!

先のGWに一挙放送された戦隊シリーズから、久しぶりにダイナマンを観てみたら、変身からダイナ剣・夢の翼からスーパーダイナマイトから稲妻重力落としまでの畳みかけるような戦いっぷりが最高だった。ダイナマンに限らずなんでこのハナシを選ぶねんとは思っ…

ウォーナース

ATXの「魔法少女特殊戦あすか」が終了。最終回までとても面白かった。沖縄決戦なんかさんべんも観てしまった。就中、ちとせが死ななくて本当に良かった。そして中途半端に終わったアニメの続きがヒジョーに気にはなるけど、アニメの2期の是非までは原作読む…

フォーンテーヌ(上岡龍太郎調)

去年のスタートゥインクルに続いて、今年もかなり頑張っててよろしいヒーリングっどプリキュアの時間が止まって早ふた月、今日が8話で来週が12話なら、ようやく再来週からシリーズ再開らしいと見て実に喜ばしい。ちなみに今年のイチ押しはなんたってキュア…

スラングル闘いの記録

ATXの亜空大作戦スラングル。まず絵が平均的に悪いと言うか、絵を描くのに必要な自己顕示欲がまったく感じられない。そしてハナシは悪いどころか毎回ナニをやってるんだかすら分からないレベルでジャッジ不能。どんなアニメでもしばらく観てればなにかしらの…

俺はレッドショルダーだった…(モノローグ)

ATXの「魔法少女特殊戦あすか」がとても面白いと言うとあんな悪趣味な展開に酷い作画で語弊があるかもだけど、でも面白いからいたし方ない。なんたって脚本も演出も真面目に作ってるのがいい。作画も肝心の魔法少女戦だけは頑張ってるぶんあんまり不満はない…

アストロボー大旋風!

スターチャンネル「T-34ナチスが恐れた最強戦車」。ガルパンつながりで観てみる。完成したばかりのT-34をテストを兼ねてウクライナからモスクワまで自走させる、実話ベースにたぶん色々と盛り込んだ珍道中。戦車の映画で砲撃戦がまったくないのはビックリだ…

マスタースイッチオン

オタク終活「スーパーロボット・マッハバロン」。当時もんどり返るほど好きだったマッハバロン。プレッシャーケルンとかシュミットゲーとか、かいつまんで何度も観てるけど、今回、久しぶりに全話通して観ると流石のウエショーで粒がそろってるぶん、ゲスト…

クラリネット

ガルパンの新章1。今度は桃さんの進学問題で戦車道ってもうええっちゅーねんと言うか、誰ひとり好きになれない自由学園のざる作戦に騙される大洗の一団っていかがなものか。不良グループとの対決シーンも冗長なだけだった。やはりテレビシリーズの完成度は…

なにせ5万輌も作られた大ベストセラーよ!

ガルパンのアンツィオ戦と劇場版まで観る。実は2回目になる前者はテレビシリーズを全話俯瞰したあとだと面白さ倍増。廃校のハナシがぶり返して無理から過ぎる劇場版は、しかしキャラ萌えは素晴らしかった。とりあえずナオミとアリサ最高。レオポンさんチー…

黒騎士物語

NECOでガルパンの一挙放送やってた好機にテレビシリーズを初めて観てみたが、これがビックリするほど面白くてこちらも一挙に見てしまった。まいった。スタッフ一同、大変ながらも楽しんで作ってる感が最高。微に入り細に穿ったシナリオに演出も最高。アヒル…

先生の宍戸錠!

「お前、あごになんかついてるやん!」「えッ、どこどこ?」「う~ン、マンダム!」がいま何歳ぐらいの人まで通用するかといつも考えてるけど、とりあえず大林監督と言えばノスタルジィの極致「ハウス」の一強で続いて「瞳の中の訪問者」しかありえない。あ…

PYG

欣喜雀躍!衛星劇場で「真理ちゃんとデイト」がスタート!もう死ぬまで観れないと思ってたよ。やっぱり真理ちゃんはええなあ。いまも昔も女性アイドルなんて鼻くそほども興味ないけど、真理ちゃんだけは別格。あとキャロライン洋子。デートの相手は誰にしよ…

ドイツ人と言うドイツ人は片端から殺せ!

スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ「戦争は女の顔をしていない」読了。なにひとつ同じハナシはないと紹介されながら、どないしても似たようなハナシになってしまって長丁場の中盤、ちょっとだれてしまった。狙撃手ほか漫画版に採用されたエピソードと、巻…

泰山の安きに置けない

波よ聞いてくれのアニメを観てみたが、いくら沙村センセと言っても原作よりアニメのが絵のがヘタクソって問題ではないか。あえて見どころはエンディングの沙村絵ぐらいみたいな。そして田中信夫のディオくらいはまり役だったミナレの声優さんひとりが頑張っ…

ひらけ!ポンキッキ

もらいもんの「銀河乞食軍団」読了。もらいもんで悪いがぬえの加藤氏のイラストがカッコいい本編より、あとがきの野田大元帥VS宇宙からのメッセージのがひゃくばい面白かった。しかしエスエフ小説って邦洋問わず、なんでこんなに当たりが少ないのかと読むた…

その名を輝かしめよ!

とっくに処分したと思ってた「宇宙の戦士」の矢野徹訳版があらぬところから見つかったので読んでみた。やっぱり近年の新訳より上品にまとまっていて、断然面白い。巻末の各書評にぬえの加藤氏の口絵と本文イラストも言うことなし。

コスモハウンド

当時もほとんど見てなかった宇宙戦艦ヤマトⅢをファミ劇でうっかり全部観てしまった。しかも思ってたひゃくまんばいくらい面白かったのでびっくり。デスラー全然ええとこなかったし、どう見てもキャラ表を見てないトミーの絵はどないやねんだったけど、1980年…

んーんーんんんー

オタク終活「少年探偵団」。全26話。戸川昌子がタイトルを書いてるBD7のほう。全話通して観るのは本放送と小学生の夏休みの再放送以来。いま観ると前後編とワンパターンの恋愛要素を強行した長坂先生の立ち上げは大失敗で、ウエショーの参入と1話完結になっ…

君、プーシキンを読んだことがある?

開高健「歩く影たち」「ロマネ・コンティ1935年」読了。どちらも短編集。読み終わってから三篇ダブっていたことに気がついたのは我ながら間抜けなハナシ。陰のある美しい筆致は両者とも劣らずながら、前者が戦場のハナシばかりなぶん、まだしも平和的な後者…

オロカモノメ!

中野孝次「清貧の思想」読了。いまさら読んでも面白い1992年のベストセラー。コレクター的に序盤の光悦の茶道具のくだりが実に興味深い。バブル経済を俯瞰した内橋克人の解説も面白い。とは言えバブルが弾けてなお、日本経済がまだまだ持ち直す可能性があっ…

だいじょうぶマイフレンド

村上龍「限りなく透明に近いブルー」読了。モゥなにがなんだかさっぱりわからんかった。と言うか、たったの一語もアタマに入ってこないのはむしろ凄い。やっぱり芥川賞はダメだ。 開高健「夜と陽炎・耳の物語2」も読了。こちらはサントリー時代の序盤がいさ…

ひょっとしてこれマンガンキー

オタク終活「5年3組魔法組」。全41話。シリーズ中盤、助監だった長石多可男の演出回(バトルジャパンのゲスト回)をきっかけに、ようやく軌道に乗るまでのスタッフの迷走ぶりはただことではないけど、辻真先のコメディ特撮として魔女先生の序盤と並んでもっ…

勝てば問題ない

ゴラク以外で唯一読んでる漫画、「ベアゲルター」と「波よ聞いてくれ」の新刊が出てたので買ってくる。沙村美人がいっぱい出てくるだけで嬉しいベアゲルターは、しかし楽しみにしていた忍ちゃん(殺し屋のほう)の出番が4コマしかないとは思わなかった。詐欺だ…

この艦では敵に勝てない

江崎グリコのキャンペーンが懐かしいファミ劇のヤマト2。実に本放送以来だから42年ぶりに全話観てみたら、これがさらば派だった自分でも結構面白くてびっくりした。なかんずく出番が多くて嬉しいアンドロメダの描写、コスモタイガーの奇襲で始まる彗星帝国の…

勝負!

スターチャンネル「血を吸うカメラ」。超アナクロな画面が紡ぎだす超モダンな異常心理にビックリすること請け合い。1960年。 開高健「破れた繭・耳の物語」読了。氏の幼年期から青年期の自伝的小説。野坂昭如も同じく、恐ろしく下品なのに素晴らしく上品な筆…

ピードモント

スターチャンネル「コーマ」。大病院に続発する昏睡患者にまつわる臓器売買の陰謀。ジェニファーソン研究所の処置室を全景でとらえたカッコいいアナログ盤のジャケット(でもゴールドスミスの音楽は全然まったくたいしたことない)と、マイケル・クライトン監…

大群獣ネズラ

スターチャンネル「ウィラード」。孤独な青年ウィラードが友達になったネズミを操って対立者に復讐を果たし、やがては自滅するハナシ。ネズミの大群が人間を襲うビジュアルから動物パニック映画のハシリと思われてるけど、ネズミより遥かにグロテスクな人間…

気分はもう右翼!

ハインライン「宇宙の戦士・新訳版」読了。10代に旧訳版を読んだときは死ぬほど面白かったのが、なんか今回いまいちだったのは自分が歳とって感性が鈍磨したからか、あるいは訳が合わなかったのか。いまさら改めて旧訳を読んで確かめる気もないけれど、とり…