アストロボー大旋風!

スターチャンネルT-34ナチスが恐れた最強戦車」。ガルパンつながりで観てみる。完成したばかりのT-34をテストを兼ねてウクライナからモスクワまで自走させる、実話ベースにたぶん色々と盛り込んだ珍道中。戦車の映画で砲撃戦がまったくないのはビックリだけど、ソ連郊外の映像がとにかく綺麗で、どこかコミカルな内容も悪くない。設計図が完成していくオープニングと、2台のT-34の砲塔に1と2のナンバーが描いてあるのがカッコよくてよし。音楽もよし。

 

ガルパンと言えば最終章のくじ引きシーンに並んでたおっぱい丸出しみたいなメンバーはいつ出るのか、もう出ないのか、ヒジョーに気になっている。

 

西遊記ベースのヤマトに999のブームのあと、とうとうタイトルにまんま西遊記がやってきた東映チャンネルのスタージンガー。須田先生の作画に東映動画のみなさんが全然まったく追いついてない(谷口守泰がかなり頑張ってる)のはまあ致し方ないけど、とりあえずジャッキー・チェンの吹き替えで役に立った石丸博也の演技も最高なジャン・クーゴがカッコいいので問題ない。当時的にジョーゴに女性人気が集まったらしいのは神ハヤト人気から理解できるつもりでやっぱり理解不能。面長が人気だったのか?

 

タージンガーと言えば当節、海外で玩具の人気が高いみたいで、クイーンコスモス号なんかプラトイにプラモまで高騰してビックリする。とは言えクイーンコスモス号と言えばトラック野郎で文太兄ぃもお子にプレゼントしていたし、往時から結構人気があったのかしらん。

 

そして待望だったスタージンガーに続いて、東映チャンネルはイタリア語のDVDしか出てなくては手も足も出ないサンディベルを放送してくれないもんかしらん。